見た目改善・外見磨き・スト値上げの入門書(男性向け)

目次

はじめに

Girls Enjoy!では男性向けにセックステクニック講習(中イキ脳イキ性感開発、性感催眠脳イキ講習)を行っています。

【特典は5/31迄】性感マッサージ講習・性感開発講習(中イキ・脳イキ講習)のご案内

セックススキルがアップすると女性を満足させられると同時に、男性自身の興奮や満足に繋がります。

しかし、リピート依頼が多い人と1回きりが多い人に分かれます。

セックステクニックがあるというのはかなり大きな加点要素にはなりますが、あくまでベースは見た目とコミュ力、性格の相性です。

性感開発を趣味で行っている人からあるある話として聞くのが、性感開発をして中イキも脳イキもできてイキまくれるようになったら結局は若いイケメンの元へ行ってしまうということです。

もちろんセックステクニックに魅力を感じてリピートしてくれる人、性格の相性がいいからとリピートしてくれる人はいるそうですが、結局は見た目が占める要素は大きいです。

見た目は良いに越したことは無いし、今よりもっと改善することは可能です。

超絶イケメンになるのは難しいですが、見た目の印象を今よりもっとよくするための方法についてまとめてみました。

今回紹介した内容をしっかりと実践すれば女性の反応も大きく変わると思います。

外見磨き・スト値上げとは?

最近ナンパ師の間でブームになっているキーワードです。

そもそもスト値とは、ナンパ師が女性の容姿につける点数のことを指していましたが、次第に男性の容姿の点数としても使われるようになりました。

個人的にナンパはすることもしたことも無いのですが、ナンパ師の人たちのコミュ力やファッションは非常に参考になるので時々チェックしています。

結局のところナンパの成果は顔×コミュ力×声掛け数で決まるところがあり、特に顔の要素が一番大きいと思います。昔は置いてけぼりにされていた印象でしたが、ここ最近で一気に注目されはじめて外見上げコンサルという業者も増えてきています。

外見コンサル・スト値上げコンサルについて

外見コンサルはアリかナシか?

アリかナシかでいうとめちゃくちゃアリだと思います。

Before Afterも公開されていて藁にも縋る想いで飛びつきたくもなりますが、一旦は単発講習や自分でできる範囲で初めてみるのがおすすめです。

外見コンサルの種類や料金

料金や内容はピンキリで、数時間だけの単発だと数千円や数万円~、長いものだと数か月から1年ほどの期間で数十万~等。

受けない方がいい外見コンサル

業者が増えすぎていて選択肢が増えていますが、とりあえず女性講師のコンサルは基本的には受けない方がいいです。

セックス講習でも女性が教える講習がありますが、総じて女性個人の主観的な感想であることが多く客観性に欠けている印象をうけます。

選ぶ基準としては、まずは講師の男性自身がしっかりと実績をあげていること、また書いている内容に納得できることが重要です。

簡易まとめ:手っ取り早く見た目改善するなら

とりあえずめんどくさがりな人のために細かい内容は省いてインパクトの大きい内容をまとめました。

  1. LIPPSで髪の毛を切る
  2. プラスエイトで眉カット
  3. ナンパ師のファッションコンサルを受ける
  4. ダイエットと筋トレを継続して体脂肪率12%の締まった体を目指す。
  5. ヒゲの医療脱毛に通う(最低1年)
  6. 美容医療(整形)や歯列矯正も検討
  7. その他は出来るだけ頑張る

自分で出来る外見磨きまとめ

自分でできる外見磨きとして入門的な内容を一通りまとめてみました。

全体像としてはまずは変化度が大きいかつお手軽で実践しやすいものからすぐに行動に移していくことと、時間がかかるものはすぐに着手してとにかく継続することが重要です。

まずはよくある外見磨きの種類を分類分けした図解を作ってみました。

【CANVAで作った図解】

とりあえずはダイエット、髪型、眉毛、服装の4点が重要かつ優先度が高いです。

①ダイエット

わざわざ言うまでもないと思いますが、脂肪が減ると顔の印象がだいぶ変わります。

目標体重は人によりますが、ひとつの目安になるのは体脂肪率が12%くらいです。

体脂肪率が12%前後になると腹筋もよりくっきりとして引き締まった体型に見えるようになります。

体脂肪率10%以下まで絞るとさらにバッキバキになりますが健康上脂肪が少なすぎるのもよくないと言われているので、10%~14%くらいになるように調整するのが一番いい気がします。

BuiltLeanより引用

脂肪を落とすには結局カロリー管理

ダイエットの方法は昔から色々と出てきては消えていきますが、結局のところ【消費カロリー>摂取カロリー】というのが大原則です。体重を1kgを減らすためには7,200kcal分アンダーカロリーにする必要があります。

いくら運動をしても摂取カロリーが多ければ痩せないので食事制限が最も重要になってきます。

糖質制限よりも脂質制限

少し前まではライザップの影響で糖質制限やケトジェニックダイエット(糖質を極限までカットするダイエット法)が流行っていましたが、今は脂質制限(ローファットダイエット)ほ方が主流になっているように感じます。

糖質制限はまずお金がかかるのと、思考力が低下したり眩暈がする、筋力の低下につながる等デメリットが大きいので、今はしっかりと糖質(とタンパク質)をとりながらダイエットというのが流行っています。

ダイエットで痩せない原因

カロリーを過少申告

まずダイエットでやせないという人にありがちなのがカロリー管理をきちんとしていなかったり、していてもカロリーを過少申告しているということです。

チートデーでプラスマイナス0に

二つ目がチートデーで食べ過ぎるということです。例えば一日に100kcalずつアンダーカロリーにしていても週に1回のチートデーでドカンと食べて600kcalのオーバーカロリーになれば、週間で見ると±0kcalになるので痩せません。

リバウンドする原因

過度なカロリー制限の反動

7,200kcalを消費しようと過度なカロリー制限をすると反動でドカ食いしてリバウンドしてしまいます。基本的には基礎代謝以上のカロリーを摂取すればドカ食いは抑制しやすいです。

摂取カロリーは体組成計でも出てくるし計算式でも出せます。

また、健康的に痩せるためには1か月の減量幅を5%未満に抑えた方がいいとも言われています。5%というと例えば、80kgの人なら4kg、カロリーにすると28,800kcalで、1日当たり960kcalのアンダーカロリーにする必要があります。体重5%の減量は結構きついので、2.5%くらいを目標にして長期的に頑張るのがおすすめです。

目標体重達成後に管理をやめる

次に、ダイエット中はカロリー管理をしていたけど目標体重になったので何もしなくなったというパターンです。カロリー管理をやめて元の食生活に戻ってしまうとまた体重が増えていくので、メンテナンスカロリー(体重が増減しないカロリー)に慣れるまでは計算し続ける方がいいです。

そもそも脂肪が落ちていない

特に糖質制限にありがちなのが脂肪が落ちていなくて水分が抜けているだけです。脂肪を減らすためには7,200kcalも消費しないといけないので短期間では基本的に難しいです。食事制限をすればその分身体の水分量も減るので体重は落ちますが、脂肪が減っているわけではないので食生活を元に戻せば体重も元に戻ります。

筋肉を出来るだけ減らさないように

ダイエットでは脂肪だけを落としというのは難しく、基本的に筋肉も一緒に減っていきます。筋肉が減るとスタイルが悪くなるので出来るだけ筋力を維持する必要があります。

タンパク質をとる

まず筋肉の元となるタンパク質をしっかりととります。プロテインか鶏むね肉を積極的に摂取します。タンパク質摂取目標は体重×1.5~2gが理想です。例えば体重80kgの人なら120g~160gほどになります。最近は沼というYoutubeチャンネル『マッスルグリル』発のダイエット食が流行っているようです。

マッスルグリルの二人。UOMOより引用

筋トレもしっかりする

最近では体重よりも見た目が大事ということで筋トレが特に重要視されています。

ダイエット中(アンダーカロリーになっていると)は筋肉の成長に必要な栄養が足りず筋肉が付きくいと言われています。ただ何もしないと筋肉は落ちていく一方なので筋力を維持するための筋トレが必要です。

有酸素運動は不要

ダイエットというとランニングや水泳のイメージがありますが、長時間の有酸素運動をすると筋肉が分解されやすいので、見た目重視なら有酸素運動は基本的にはやめた方がいいです。

②髪の毛

髪型と眉毛を変えれば印象はガラッと変わります。最近では美容室のビフォーアフター動画がSNSでバズったり、ビフォーアフター専門のYoutubeチャンネルも人気を博しています。

まずは髪の毛を伸ばす

いくら有名な美容室に行ったところで髪の毛が短いとどうしようもないので、まずは髪の毛を伸ばすことからはじめます。

メンズ美容室でカット

髪の毛が伸びたら次に重要なのは美容室選びです。地元に昔からあるような美容室やおばちゃんが1人でやっているような美容室は居心地は良いのですがカッコいい髪型にはなりません。

流行のメンズカットの方法について勉強をしていないので髪型のカタログを持って行ってもなんか違うなーという結果が待っているだけです。

定番のメンズ専門美容室

LIPPS公式サイトより引用

人気があるメンズ美容室としては、LIPPS、Ocean Tokyo、Akros、GOALD あたりが有名です。

LIPPSとAkrosは元祖メンズ専門美容室、オーシャントーキョーやゴールドの代表はそれぞれLIPPSとAkros出身です。

今ではオーシャントーキョー出身の美容師も多数活躍しています。

ただ有名な美容室はカット料金が高い、空間や他の客がオシャレすぎる、アシスタントがやたらと話かけてくる等、なかなか敷居が高いです。

また、SNSでバズって一躍有名になった大月渉さんが代表を務めるDIECE SHIBUYAも人気です。LIPPSとかとはまた違ってデコ出し短髪系が得意みたいです。

美容師の選び方

美容師の選び方としては、美容師歴とスタイル写真が参考になります。

歴が短すぎると失敗する確率が高くなるので最低でもデビュー後5年以上の人が安心です。

また、最近はインスタ等でスタイル写真を上げている人が多いので参考になります。

ちなみに、ホットペッパーに載っている写真はレンタルされたものだったりするので参考にならないこともあります。レンタル写真を使ってる美容室は結構多いです。

その他参考になるのが、お店のスタッフの髪型です。スタッフの髪型にはそのお店の人のセンスや得意な髪型が表れます。

有名店以外の美容室を探すときは、基本的にはスタッフの髪型かインスタを見るのがいいと思います。カット料金は4,5千円くらいで探すといいんじゃないでしょうか。スタイリストは店長かランクが高めの人指名で。

オススメの髪型

基本的にはその時々で流行っている髪型にするのがおすすめです。

ただ、人によって似合う似合わないがあるので注意が必要です。

例えば2021年でいうとセンターパートか束感のあるマッシュ系ツーブロックが流行っていましたが、センターパートは目と眉のバランスがきれいな人じゃないと似合いません。目と眉の距離がある人は、マッシュ系ツーブロック等前髪がある髪型にした方がいいです。

松田翔太の例

ホットペッパーのヘアカタログランキングの上位の髪型で自分が好きなものを伝えるのがいいと思います。

ホットペッパーでは予約時になりたいヘアカタログを登録する機能もあります。

ヘアケア商品

ヘアケア関連商品としては、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、ヘアマスク、ヘアオイル、ヘアミルク、シャワーヘッド、コーム、シルク製枕カバー等色々とありますが、とりあえず普段のシャンプーに加えてトリートメントを使うようにするだけでokです。

男性だとシャンプーしか使っていない人も多いと思うのですが、トリートメントを使うとセットのしやすさが全然違います。

シャンプートリートメントはネットを見てもオススメの商品はバラバラなので何でもいいと思います。ちなみに自分は、シャンプーはサクセス、トリートメントはオーシャントリコ、ヘアマスクはfino、を使っています。

サクセスは頭皮のニオイがゼロになるので使っています。オーシャントリコは適当にドンキで目に付いたので買っただけです。finoはSNSでバズって大量発注で余ったのかドラッグストアで安くなっていたので買いました。トリートメントは毎日、ヘアマスクは週1,2回使っています。

美容室専売品だと、昔はロレアルが出しているケラスターゼシリーズが人気でしたが、今はミルボンが出しているオージュアというシリーズが人気です。オージュアはミルボンと直接契約している一部のサロンしか取り扱えないので気になる人は取り扱いのあるサロンを探してみてください。

ドライヤーとヘアアイロン

数年前から高級ドライヤーや高級ヘアアイロンがブームになっていますが、男性は短髪の人ならドライヤーやヘアアイロンはそんなにこだわらなくても安いやつでいいと思います。どうせ痛み切る前に切っちゃうので。

しいていうなら高級ドライヤーはコスパ的にパナソニックのナノケアがおすすめです。ヘアビューザーやリファのドライヤー、ダイソンのドライヤーあたりは部屋に置いておくと女子受けもいいです。

安いものなら、温度が高くなくて風量が強いものを選びます。SALONIAのドライヤーとかは風量が強くて結構オススメです。

ヘアアイロンは髪の毛のセットには必須です。大きいとセットしづらいのでミニサイズがおすすめ。自分は楽天で2,000円くらいのを適当に買って使っています。

ヘアセット(スタイリング)

有名な美容室で切って良い感じになったところで毎日きちんとセットできなければ意味がありません。ヘアアイロンに加えて、ワックスやジェルを使って毎日セットしましょう。

ワックスの種類はたくさんあるので自分で色々と試してみるのがいいと思います。

セットの仕方はYoutubeを参考にするのもアリですが最初の頃はよくわからないので、素直に美容師の人に聞くのがおすすめです。

また、繁華街等にあるセットアップ専門の美容室でセットしてもらってアドバイスをもらうのもおすすめです。

③眉毛

髪型と並んで眉毛は印象が大きく変化します。眉毛は自分でカット出来なくはないですが、最初は勝手がわからないのでとりあえず眉カット専門のサロンに行ってデザインしてもらうのがおすすめです。

メンズ専門のサロンは有名なところだと、ファースト、プラスエイト、イケメン製作所、エサージュあたりに行ったことがあるという話はよく聞きます。

 

メンズ専門ではありませんが、アトリエはるか、BIEWSあたりは上記のサロンに比べると安めです。

プラスエイトは1回行ってみました。デザインもきちんとしてくれてなかなかいい感じの仕上がりでした。

デザインをガラッと変えたいならメンズ眉カット専門店がいいかもしれません。

ただ、正直眉カットで毎月6,000円というのはなかなかのお値段です。ぼったくりという声もSNSで度々見かけますが、、、

6,000円くらいのところは時間をかけてワックス脱毛等で付加価値をつけているのと、可愛い女の子とお話しする時間というのも付加価値になっているような。

④服装

眉毛と髪型の次に大事なのが服装です。モテる服装の要件トップ3は

  1. 相手にとって好きな服装か
  2. 流行りの服装か
  3. スタイルがよく見えるか

このあたりでしょうか。あと、シミやシワが無く清潔感、新品感があるというのも大事です。

相手の好みや属性に合わせるというのは昔から言われていることですが、最近は系統寄せというワードも流行っているようです。

流行りのスタイルも取り入れているとオシャレ感が増します。2021年はオーバーサイズが特に流行っていました。

昔流行って当時はオシャレだったスタイルも、今着るとダサく見えるというのはよくあります。

例を挙げるなら、VネックTシャツは昔は流行った時期がありましたが今ではU字型の方が一般的です。昔からずっとV字ネックのTシャツを着ているという人は今すぐ捨てた方がいいでしょう。

無難なファッション

おしゃれな服装選びはなかなか難しいので、とりあえずはスキニー or スラックス、U字Tシャツ、ジャケット、あたりが無難でおすすめです。

おしゃれなショップはダサい服装だと恥ずかしくて入れないので一旦ユニクロやGUを挟みましょう。

黒スキニーは今では定番のアイテムとなっていて薦めている人も多いです。

個人的には、ユニクロのスキニーの黒とライトブルーをよく着用しています。

ユニクロに限らず、GUやZARAもスキニーを出しているので好みでどうぞ。

TシャツはユニクロのU字Tシャツ、ジャケットはGUのジャケットか、ユニクロの感動ジャケット、靴はzaraかadidasあたりが無難です。

ジャケットとYシャツを組合わせると一気にサラリーマン感が出るので、Tシャツと組合わせる方がいいです。

ファッションコンサル

服装に関してはナンパ師の人たちが提供しているファッションコンサルを利用するのが効果的です。ファッションに関しては他の事業者が提供しているものに比べて優れていると思いますが、高額なナンパ講習とナンパ界隈の闇に飲み込まれないように気をつけましょう。

ここでは紹介しないので各自twitter等で探してみてください。ネット上での商品紹介の内容が良くて料金が5千円~2万円位の人が一番コスパがいいと思います。

やたらと韓国系ばかり推してる人はやめた方がいいかもしれません。韓国系は一部の人や大学生にはウケがいいようですが、社会人の一般受けは微妙なのとアラサー以降の男性には結構きついです。

⑤医療脱毛

顔の印象で青髭になっていたり剃り残しがあると不潔に見えてしまいます。ヒゲが無い方が女性受けは良いことが多いので、パリピ属性でヒゲにこだわりがあるとかじゃ無い限り脱毛した方がいいと思います。毎日の手入れも楽です。

医療脱毛については別記事でまとめますが、とりあえずサロン脱毛(光脱毛)ではなく医療脱毛(レーザー脱毛)を選ぶようにしましょう。特にヒゲは光脱毛だと一生終わりません。医療脱毛は医療脱毛でも熱破壊式でYAGレーザー(機種でいうとジェントルマックスプロ等)の取り扱いがあるところ推奨です。

YAGは痛いは痛いですが将来的な効果を考えれば全然我慢できます。自分は麻酔無しでやってました。

出来れば全身脱毛やVIO脱毛もしておくと女性受けはかなり良いです。

⑥身長を盛る

方法としては、シークレットシューズ、シークレットインソール、厚底スニーカーやヒールブーツ、の3種類があります。

身長の高い低いに限らず推奨です。身長を高くなると同時に脚が長く見えてスタイルが良くなります。

ただ、あまり盛りすぎるとバランスが崩れて奇形感が強くなるのと、靴を脱いだ時に恥ずかしいので+5cmくらいがベストです。※脚の長さや身長にもよるかもしれません。

自分も+7cmのシークレットシューズを買って履いていた時期がありますが、鏡で見ると明らかに見た目がおかしかったです。

+5cmというのは靴の厚みも含めてなので、シークレットインソールを買うときは+3cm程度のものにしましょう。

シークレットシューズ

今は通販でも色々なメーカーが出しているので、デザインが気に入ったやつを探してみてください。自分は足の形が特殊なのかcmが合ってても痛くなりやすいので基本通販では買いません。

シークレットシューズの店頭販売は、トールシューズというお店が有名です。東京・横浜

名古屋に店舗があります。

ただ、トールシューズは絶妙にデザインがダサい靴が多いのが難点です。。

シークレットインソール

シークレットインソールは足裏全体タイプと踵タイプ、材質の違いもあります。

個人的には、踵タイプの材質は硬めがおすすめです。低反発でクッション性に優れているというインソールも使ったことがありますが、歩いてるとめちゃくちゃ疲れやすいし蒸れやすいです。

普段使っているのはトールシューズのゴム製インヒールです。耐久性もばっちりで購入して7年ほどになりますが問題なく使えています。

厚底スニーカーやヒールブーツ

最近は男性の厚底スニーカーやヒールブーツのスタイルも韓国系を中心に人気になってきています。ただ、まだまだオシャレ上級者向けという印象です。

初心者にはナイキやオニツカタイガーのスニーカーあたりがいいかもしれません。

靴のお手入れ

汚れていたりハゲていたりするとオシャレ度が下がるので定期的にクリーニングやメンテナンスをしましょう。

靴のニオイ対策はグレンズレメディが定番です。

⑦筋トレ

筋トレはダイエットのところでも軽く触れましたがここではさらに掘り下げておきます。

まずはこちらの画像をご覧ください。

数年前にtwitterでバズった画像です。

男としては細マッチョの体型に憧れますがこのくらいになるには数年以上はかかります。

女性受けを目指すならとりあえずは引き締まった体を目指すのがお手軽です。

引き締まった体を目指すうえでやることは、まず体脂肪を落とすことと、胸・背中・肩を鍛えることです。脚は好みで。腹筋もアブローラーを毎日やりましょう。

効果を実感できるまでは数か月かかるのでとにかく継続することが大事です。

パーソナルトレーニングはつけるべき?

お金に余裕があるならもちろんつけた方がいいです。初期段階で正しいフォームを身に着けて筋トレを習慣化したい方、マッチョを目指したい方にはうってつけです。

ただ、自分で色々調べたりモチベーション維持できる人はには別に不要です。引き締まった身体程度であれば自宅トレや自重トレでも可能です。

トレーニングの頻度・時間・内容

週1程度だとなかなか効果を実感しづらいので最低週2、可能であれば週3,4くらいはジムに通えると成果が出やすいです。1回あたりの時間は20分~60分程度で頻度やその日の気分によって調整。

全身法と分割法がありますが、初心者は全身法の方がいいと言われることが多いです。

全身法=一回で全身の部位を鍛える

分割法=一回のトレーニングで鍛える部位を絞る

具体的な種目としては一般的にはとりあえず初心者はBIG3をしておけばいいと言われることが多いです。

BIG3とは、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトです。

自分は腰痛持ちだったのと脚は別に鍛えなくていいかなと思ったので、ベンチプレス(胸)と懸垂(背中)とサイドレイズ(肩)と腹筋をやっていました。

懸垂は最初は出来なかったので、足をついた状態の斜め懸垂やラットプルダウンも併用していました。

筋トレの各種知識も重要

様々なコツや前提知識を事前に知っておいた方がより効果的に筋トレを行うことができます。

ネットで検索すれば色々と出てきますがおすすめはYoutube動画です。個人的によく見ていたのは、筋トレ大学と山澤さんのチャンネルです。

増量期と減量期は必要?

筋トレをはじめる時に自分がまず気になったのは、太っている人はまず痩せてからトレーニングする方がいいのか、筋肉をつけてから痩せる方がいいのかです。

人によっていう事がまちまちなのですが、目標や期間設定等によると思います。

前提知識として、

  • 過度に太っているならまずやせた方がいい
  • ダイエットしながらのバルクアップは基本的には難しい
  • 体重が重い方がウェイトも高重量を扱える

時間はかかってもいいから長期的に細マッチョになりたいという方は、まずは体重維持か増量をしてから減量期というサイクルがおすすめです。ただし、増量期の見た目はただのデブと化します。

ボディビル日本1で一躍有名になった横川さんは増量期に爆食していたそうです。

コンテストに出るようにガチな人は8か月増量、4か月減量みたいな感じでやってたりもしますが、8か月蓄えた脂肪を落とすための減量はかなりきついです。

2.5か月増量1.5か月減量、1か月増量3習慣減量といったように短いスパンでも効果はあるそうです。

すぐにでも万人受けする見た目になりたいという方は増量期減量期は特に作らなくてokです。ボディビルダーの山岸さんも言っています。

まずは筋肉を維持するために筋トレをしつつ体脂肪12%を目指します。体脂肪率が12%になったらリーンバルクをするか、見た目がデブにならない範囲で増量期と減量期を作ってもいいかもしれません。

リーンバルクとは余計な脂肪をつけずに筋肉をつけることです。

⑧スキンケア

肌の見た目も大きく印象が変わってきます、シミやシワ、ニキビ、毛穴等。

男性は気にしない人も多いですが、スキンケアは早いうちからやっておいた方が予防にもなります。

ニキビ痕が特に酷いという方は、お金はそこそこかかりますがフラクショナルレーザーやダーマペン、ケミカルピーリング等の美容医療を試してみるのがおすすめです。

他にもレーザーによるシミやホクロの除去等様々な種類の施術があります。

ハイフもインスタを中心に流行っていますが、良くない話も多いのでやらない方がよさそうです。

とりあえず手軽に出来てやっておいた方がいいのは、日々の日焼け対策と保湿です。

日焼け止め、化粧水、乳液は最低限しておきたいところです。

日焼け対策

適当な日焼け止めでもいいですが、やはり高いものの方が効果はあります。アネッサとアリーが定番です。

数年前の中国人が身体を張った検証ではアリーが一番効果があったようです。

ちなみに検証結果を見てわかる通り、一番日焼けが無いのはテープを貼っていたところです。日焼け止めも限界があるので、帽子や日傘で物理的に紫外線を遮るのが一番効果があります。

化粧水と乳液

肌質や好みもあるので、ネットで調べてもオススメされている商品は多岐にわたります。

とりあえずは何でもいいので、何かしら使って保湿ケアすることが重要です。

何買ったらいいかわからないという方はとりあえず無印の物を買っておけばいいんじゃないかなと思います。

フェイスパック

フェイスパックは週1位がいいと言われていますが、毎日している人も多いようです。

ルルルンが定番ですが、最近はメラノCCが人気です。最近バズり倒しています。

流行りの美容成分と美容液

色々とありますが、

  • レチノール(ビタミンA)
  • ナイアシンアミド
  • ビタミンC
  • シカ

あたりが特に注目されているようです。

内服系は副作用もあったりするので使うのは必ず皮膚科を診療してからにしましょう。

スキンケア商品については自分でも色々買って試してみようと思っているのでまた追記します。

とりあえずはスキンケア系のバズりツイートをまとめて置いておくので気になるやつを買ってみてください。

⑨サプリメント

とりあえずおすすめは以下の4つです。

  • プロテイン
  • EAA
  • ビタミンC
  • マルチビタミン

他にもサプリメントは無数にあるので気になる方は色々調べて買ってみてください。

プロテイン

プロテインとEAAはサプリメントに含めるかどうかは微妙ですが、一応入れておきました。筋トレをしている人は特に体重×2gのタンパク質を取った方がいいと言われています。

普段の食事だけでそれだけのタンパク質を取るのはなかなか大変なので、一日1回~3回のプロテインで補います。

プロテイン比較

ビーレジェンドの評価
美味しさ
 (5)
価格
 (3)
溶けやすさ
 (4.5)
オススメ度
 (5)
VALXの評価
美味しさ
 (4)
価格
 (3.5)
溶けやすさ
 (4.5)
オススメ度
 (4)
マイプロテインの評価
美味しさ
 (2.5)
価格
 (5)
溶けやすさ
 (2)
オススメ度
 (3)
WINZONEの評価
美味しさ
 (2.5)
価格
 (3.5)
溶けやすさ
 (5)
オススメ度
 (3.5)
NITRO TECHの評価
美味しさ
 (1.5)
価格
 (3)
溶けやすさ
 (3)
オススメ度
 (1)

調査中

オススメのプロテインはビーレジェンドのクリーミー系のラインナップです。水で溶かしてもほぼスイーツ感覚で美味しく飲めます。

個人的な感想ですが味は試した中だとビーレジェンドが断トツです。

ビーレジェンド>>>VALX>>>>>>>マイプロテイン>WINZONE>NITRO TECH

値段でいうとマイプロテインが最安です。味も別にめちゃくちゃまずいというわけではないです。

EAA

EAAとは体内で合成できない9種類の必須アミノ酸のことです。筋肉の分解を防いで合成を促す効果があるということで今大注目されています。

一昔前にBCAAというのが流行りましたが、BCAAとはEAAの一部で、9種類の中で特に重要な3種類の必須アミノ酸のことです。

VALXのEAA9がEAAブームの走りだと思いますが、コスパを考えるとGrongのEAAがおすすめです。

ビタミンC

ビタミンCは肌にもいいのと筋肉にもいいとされています。筋肉系youtuberの山澤さんもサプリメントを何か一つしか取れないならビタミンCを取ると言っています。

1000mgずつを朝昼晩に分けて摂取しましょう。

自分はDHCのビタミンCカプセルが安かったのでamazonで買いました。

マルチビタミンは特に変化は感じませんがとりあえず何となくで取っています。同じくamazonで安かったので、ディアナチュラルというブランドのマルチビタミン&ミネラルを購入しています。

⑩その他

余裕があれば下記の内容も取り入れてみてください。特に歯列矯正と整形はハードルは高め(二重整形は比較的お手軽)ですが変わる人は劇的に変わります。

整形のやりすぎで整形モンスターにならないようにだけ気をつけましょう。

歯列矯正

美容整形

メガネ→コンタクト

薄毛対策(AGAクリニック、薬)

食事改善

姿勢矯正

睡眠の質改善

メンズメイク

小物類