3Pサークル潜入レポ!元男性メンバーが明かす秘密の活動内容

プロフィールにも書いているのですが、僕は以前東京都内の某3Pサークルに所属していました。タイトルはなんとなく潜入という言葉を使いましたが、実際にはメンバーとして登録していた形になります。

ググってみると3Pサークルに参加したことがある女性の感想が書かれているブログはたくさんあるんですが、男性視点で書かれた記事はほぼ皆無でした。

この記事では、

3Pサークルって何? 

危険じゃないの? 

どういうことするの?

などなど、皆さんが気になる点を詳しくお伝えしようと思います。

意外と3Pなどの複数プレイに興味のある女性は多いようです

※守秘義務に抵触しないであろう範囲内で元男性メンバーとしての視点から記事を書いています。

3Pとは?

Wikipediaを見ると、

女性1人に対し男性2人の場合は、 1人の男性が女性の女性器に、もう1人の男性が女性の肛門にそれぞれ男性器を挿入する。例えば、騎乗位で性交中に女性が上半身を前に倒し、背後からもう1人の男性が女性の肛門に挿入する。

との記載があります。

これに対して、乱交という言葉もありますが、こちらはWikipediaでは

多数の異性との性行為を楽しむ。多数の異性が、絶頂を迎える前に、或いは絶頂を迎えた後に相手を入れ替えながら、性欲や精力と時間の許す限り、延々と性行為を続けていく。

と書かれています。

イメージ的には、3Pや4Pは一人の女性(もしくは男性)を中心にセックスを行い、乱交は複数の男女がそれぞれセックスを繰り広げてという感じですね。

3Pサークルは危険じゃないの?逮捕されない?

3Pサークルや乱交サークルというと、何年か前まではニュースでも色々と流れていたので危険なイメージを持っている人が多いと思います。

某大学の集団セックスサークルでレイプ事件があって逮捕者が大量に出たり、ハプニングバー摘発のニュースが流れたり、、、危険なところがないわけではないですが、意外と真面目にやっているところも多いです。

乱交サークルやハプニングバーが過去に頻繁に摘発されていたのは、暴力団の資金源になっているからという理由が大きかったようです。

逮捕理由は公然わいせつ罪です。仮に知り合い同士だとしても、ある一定の人数以上で性的な行為をしていると公然わいせつ罪が適用されてしまいます。

今は、あまり逮捕は聞かなくなってネット上でもハプニングバーの情報が昔に比べて一般化してきてはいますが、警察の匙加減で逮捕されるリスクはあるのでハプニングバーや乱交パーティは正直あまりオススメはできません。

ただ、複数プレイも〇人までなら公然わいせつ罪にならないという基準も一応あるみたいで、僕が所属していたサークルの代表はわざわざ警察署に確認しに行っていました。(メンタルすごい笑)。

3Pサークルってどんなことをするの?

3Pには、女性1男性2のパターンと女性2男性1のパターンがありますが、ほぼ全ての3Pサークルは女性が1の男性複数です。僕が所属していた3Pサークルは4人でする場合もあり、厳密にはグループセックスサークルというところでしょうか。

3P・グループセックスサークルには大きく分けて3つのタイプがあります。

①女性への奉仕第一タイプ

②凌辱AV3Pタイプ

③ビジネス乱交パーティタイプ

女性への奉仕第一タイプ

女性奉仕第一のタイプは、とにかく女性の気持ちを第一に考えて女性をお姫様のように扱って至れり尽くせりで気持ちよくなってもらいます。女性へのマッサージや、ネイルケアなどもしているサークルもあります。とにかく女性の嫌がることは一切しません。このタイプのサークルには一般女性が参加しやすいと思います。基本的にフェラがなかったりとハードなプレイは女性が望まない限りありません。

凌辱AV3Pタイプ

凌辱AV3Pタイプは、一般的なAVとかでよくある3Pプレイをするタイプです。複数の男性に犯されたいというドMな女性に需要のあるのはこちらのタイプだと思います。挿入されながら複数の男性のものを舐めたり、膣と肛門両方に挿入されたり、SMや調教といったワードも書かれているサイトも多く、ハードなプレイをするサークルもあります。

ビジネス乱交パーティタイプ

次にビジネス乱交パーティタイプについて、これは主催者がお金儲けのために風俗嬢などのプロの女性を呼んで、参加者の男性を集めるタイプのものです。まれに一般女性の参加者もいるようですが、逮捕リスクもありますし、女性の参加はおすすめできません。

違法性が高いので、自分たちでホームページは持たずSNSや掲示板等でこっそり募集しているケースが多いです。

男性は不特定多数でテクニックもない場合が多く、とある乱交パーティに参加した男性に聞いた話によると、複数の男性参加者が順番ずつに女性に挿入していき射精したら次、射精したら次、、、、といったビジネスライクな内容だったそうです。

なぜ3Pサークルに入ったのか

3Pサークルに入った理由はセックステクニックの向上のため でした。何事も上手くなるためには、教科書的な知識も必要ですが、何より上手い人を実際に見ること、教えてもらうことだと考えたどり着いたのが3Pサークルでした。今思うと頭がおかしいとしか思えません。

3Pサークルを選ぶ際、男性メンバーがしっかりとテクニックを向上させる意思があること、女性を気持ちよくさせることをきちんと考えていること の二つを基準としました。

色々と探した結果、目的と一致する3Pサークルが見つかり、メンバーに応募→面接→加入ととんとん拍子に進みました。

3Pサークルにはセックスの神がいた

面接は特に問題がなく、正式にメンバーとして加入した後はオイルマッサージ研修がありました。このサークルは、セックステクニックだけではなく、女の子に心から満足してもらうためにオイルマッサージを重視しているサークルでした。

オイルマッサージが嫌いな女の子はいない、セックステクニックがなくてもマッサージがきちんとできれば女の子に喜んでもらえる、と言っていて確かにその通りだなと思いました。

(ただ単にセックステクニックで女の子を気持ちよくさせるオフパコ師ではなく、性感マッサージ師として活動している原点は、実はこのサークルの活動にあります。)

 

オイルマッサージ研修で試験に合格して初めて、女の子との3Pイベントへ参加することができます。初めてイベントに参加した時は、たまたま女の子の希望で代表の方も参加しているイベントでした。

代表は基本的にはイベントに参加しないんですが、女の子がどうしても中イキしたいという思いが強い場合は時々参加するそうです。

この代表の方がとにかくすごかったです経験人数は2000人以上。たくさんの女性としているうちに、女の子のイけるポイントが分かるようになったそうです。イけるポイントは女の子によってさまざまで、その場所や、角度、強さ など女の子の反応を見つつ探していきます。このテクニックを身に着けたのは経験人数1000人を超えてからだそうで、他の男性メンバーはその技術を学ぼうと代表が施術をしている間は、ベッドの周りに集まって食い入るように真剣に観察していました。

代表→他のメンバーと順番に手マンや挿入をするんですが、代表の時だけ女の子は大絶叫!!代表が、見つけたポイントを外さずに刺激を続けていると女の子は絶叫しながらあっけなく中イキしてしまいました。 この衝撃は今でも忘れられません。

驚くべき3Pサークル運営の仕組み

女性の参加料は?

女性の参加料は無料です。一切費用は不要です。

男性の参加料は?

男性は1イベントにつき1万円の参加費が必要で、この1万円は部屋代やオイル代、飲み物代、に充てられます。

メンバーのランク制度

メンバーにはランク制度が存在します。仮にS~Cランクまであるとすると、代表はSランクです。その他のメンバーは、参加回数や女性からの評価に応じてランクが上がっていきます。Aランクともなると代表には及ばないもののかなりのセックステクニックの持ち主です。毎回のイベントには必ずAランクのメンバーが参加するので女の子は当たり外れがなく安心して楽しめる仕組みになっていました。

徹底した管理

サークルの内容が内容だけに個人情報等の管理については厳格に運用されていました。男性メンバーは加入する際に身分証明書の提出が義務付けられています。女の子と直接連絡を交換したりするとペナルティがあったりしましたが、ルールはしっかりとサイトに明記されていましたし、ルールをしっかり守っている以上、男性メンバーにとっても安心安全に遊べる仕組みになっていました。

3Pサークルのプレイ内容は?

雑談タイム

複数プレイに慣れている女の子の方が少ないので、複数の男性を目の前にして緊張しないわけありません。まずは簡単な雑談で女の子の緊張をほぐします。

シャワー

軽い雑談の後は女の子とメンバーが順番ずつでシャワーを浴びます。

オイルマッサージ

このサークルの大きな特徴がオイルマッサージの技術と、ダブルセラピストによるオイルマッサージでした。オイルマッサージは研修用の資料が用意されていて、実際に検定に合格したメンバーしかイベントに参加できません。さらにただオイルマッサージだけするのではなく、二人で同時にシンクロした動きでオイルマッサージをします。両脚を同時に同じくらいの圧で同じくらいのスピードでオイルマッサージというすごく贅沢なマッサージにはリピートの高さも納得です。

女の子は緊張していたのはずが、このオイルマッサージで一気にリラックスした状態に入っていきます。

複数人で前戯

オイルマッサージの後は、複数人でさわさわしたり手を握ったり、ソフトな感じで女の子をエッチに攻めていきます。Aランクのメンバーがメインで下半身を責めます。指技で膣内の気持ちいいポイントを的確に刺激しているうちに、女の子は快楽におぼれていきます。手マンをされている時に同時に、乳首やいろんな性感帯のポイントを他のメンバーが刺激することによってさらに快感が増幅されます。イきそうな時にはメンバーがギュッと手を握ってくれるので安心感もあるようです。

交互に挿入

前戯が終わったら、次は挿入です。挿入にもテクニックが必要で、女の子によって気持ちいいポイントが微妙に異なるので、そのポイントに当たるように深さや角度を見微妙に調整しています。AVでよく見るフェラされながらの挿入といったようなプレイはありません。実際は、女の子と男性メンバーが交互に1対1で挿入する形でした。

交互に順番ずつで挿入することによって女の子はずっと突かれて気持ちいい状態が続くのでどんどん興奮が高まっていくのがいいそうです。ずっと1対1の場合だとどうしても男性の体力や射精感で長続きがしません。気持ちいいポイントを挿入でも的確に突かれた女の子は何度も絶叫しながら中イキ。

最後は、男性メンバーも許可をいただいて射精タイムをもらって、お互いに気持ちよくなってイベント終了です。

なぜ3Pサークルを辞めたのか

数か月所属したのちに3Pサークルをやめました。やはりセックスというプライベート空間に他の男性がいることがストレスになる男性が多いのかすぐに辞めてしまう人が多いそうです。最初の研修時に同期の方が2人いたんですが、1回もイベントに参加しないまま辞めてしまっていました。

ちなみに僕がやめた理由は、個人での活動が増えてきたためです。今まで性病にかかったことは一度もありませんが、もし万が一性病にかかってしまったらメンバーや女の子みんなに迷惑をかけてしまうことになると思い退会させていただきました。

セックステクニックを磨くには絶好の場所だったのでやめたのはちょっと後悔しています。

コンセプトや運営、そしてメンバーの方々もすごくいい人ばっかりだったので、また機会があればサークルに入ってみたいなーとも思っています。

安心安全に3Pを楽しむ方法。

この記事では、3Pサークルの名前は出しませんが探せばすぐに見つかると思います。ただ、3Pサークルのセックスが上手いメンバーは年齢が高めな傾向があるので、おじさんが苦手な方にはあまり向いていないかもしれません。

3Pサークルを選ぶ基準

3Pサークルは色々とありますが、危ないところに当たらないために、サイト選びはしっかりと行ってください。まずはホームページにしっかりとルールが書かれていること、女性の感想が載っていること、女性を気持ちよくさせたいという目的がしっかりと書かれていること、男性メンバーの採用基準がしっかりしていること、、、等が挙げられます。

また、自分たちでホームページを持っておらず掲示板のみで募集しているようなサイトは違法性が高いので参加はやめましょう。

3Pサークル以外で探す方法

3Pサークル以外だと、まずは1対1でセックスできる男性を見つけて、その男性にプラスで他の男性を募集するというのがおすすめです。

最初から男性がグループになっているところに赴くというのは本当にハードルが高いと思いますが、知り合いの男性がいれば何かあってもその男性が守ってくれるという安心感があります。

まずは、出会い系サイトなどで男性パートナーを探してから、次に掲示板の出会い系で『3Pしたいの方いませんか?』と募集する流れです。

3Pの募集をすると、意外にもかなりのメールが届くそうです。

さらに安全に遊びたければ、性感マッサージ師に依頼するという方法もあります。

カップル向けにサービスを提供しているお店はたくさんあるので、3Pプレイがしたいですと依頼すれば対応してくれます。

最後に

複数プレイに興味のある女性が多いので今回は3Pサークルについて紹介してみました。3Pはやっぱりハードルが高い、、、という方はまずは1対1の性感マッサージから試してみてはいかがでしょうか?

当サイトでは女性向けに性感オイルマッサージ&中イキ開発を趣味(無料)で行っているので興味があればご予約お待ちしております。

施術メニューのご案内

ご利用の流れ

ご予約フォーム