\ ワクチン2回目接種完了しました /

緊縛(後手縛りと解き縄)で脳イキ【体験動画10】

はじめに

いつもは性感オイルマッサージの動画ばかりなので違う動画を撮ろうと思い、今回は緊縛の動画を撮影してみました。

緊縛というと、『怖い』『痛そう』というイメージを持っている方も多いと思いますが、実は縛り自体は全然そんなことはありません。

AVなんかだと、緊縛+ロウソク、緊縛+鞭、緊縛+ボコボコにする といったマニア向けの印象があるのですが、当店ではソフトな緊縛を導入しています。

Mな自覚があり縛られることに強い興奮を覚える人は、イったことの無い状態でも縛るだけで縄イキすることも可能ですが、基本的には先に他の方法で中イキや脳イキした後に緊縛プレイを楽しむのがおすすめです。

立ち後手縛り+電マで脳イキクリイキ

後手縛りとは、手を後ろで縛って身動きを撮れない状態に拘束する縛りです。

まずは後手縛りで拘束した後に、耳元で囁いたりフェザータッチで焦らしを加えていきます。

電マでも焦らして、体外式ポルチオで脳イキ状態を深めていきます。

最後は、電マでクリイキしています。

M字開脚縛りで体外式ポルチオイキ

後ろで手を組んだ状態で仰向けに寝かせて責めるというのは定番ですが、どうしても腕に負担がかかっています。

そのため以下のいずれかの方法で腕の負担を軽減する必要があります。

  • 重ねた枕の上に寝ることで腕の部分に空間を作る
  • 手首の縛りを解いて手を前に持ってくる

今回は手首の縛りを解いています。

また、M字開脚も脚や股関節に負担の少ない縛りをしています。

あくまで痛みや苦しみを与えるのが目的ではなく、拘束感や羞恥心を高めるのを目的としています。

そして縛った後は、フェザータッチや体外式ポルチオで焦らしつつ、また耳元で言葉責めで脳イキ(体外式ポルチオイキ)に誘導しています。

解き縄で縄イキ

緊縛の魅力の一つに解き縄というものがあります。

解き縄とは、縄が身体を這うように解いていくことで刺激を与える方法です。

緊縛とマルチオーガズムによって全身が性感帯のように過敏な状態になっていると縄がまるでフェザータッチの如く全身を刺激していき快感が続きます。

女性からの感想

<初めに>

青井さんには以前、脳イキさせてもらった経験があります。きっかけは3年間お付き合いをしていた彼とお別れをした直後で、寂しさがピークの頃に連絡をしました。すぐに恋愛をする気力、体力も底を尽きていました。でも、誰か一人でもいいから女性として扱って欲しいと切望していました。実際に青井さんとお会いしている時間は、ベッドの上ではもちろんですが、ホテルの外でも車道側を歩かせない、レディファーストをしてくれる等、紳士的な振る舞い、そして何より女性として見てもらえているという実感に嬉しさを感じました。

<緊縛経験>

実は緊縛は今回が初めてではありません。青井さんから脳イキを経験させてもらった後、女性としての喜びをもっと知りたい!と思うようになり、興味を抱いた緊縛教室の受け手(縛られる側)をするようになりました。緊縛というとSMのすごく怖い特殊な世界だと思っていましたが、お教室は部活やサークルのような雰囲気で和気あいあいとしています。とは言え、体を縛るという行為は縛られる側に体の負担がありますので、縛り手さんは真剣に練習しています。(※このお教室に青井さんはいませんよ)

<青井さんに縛られてみての感想>

青井さんの縄は緊縛の講師の方のようにキツめの縛り方ではなく、適度に身動きが取れないような優しい縛り方です。立ちながら縛られている間は、縄のシュッシュという音に期待と緊張が高まります。だんだんと身動きが取れない状態になり、縄で胸を挟まれる姿は恥ずかしさと気持ち良さが入り混じってきます。自由がきかない状態での刺激は、感度が全然違います。全神経で指先の動きや吐息を感じようとするのですごく集中します。早い段階でイキそうになるのですが、イク寸前で何度も焦らされるので頭がおかしくなりそうでした。

立ちながらの責めで足に力が入らなくなったので、次はベッドの上でM字開脚の格好で縛られました。胸を縛られる比ではないほどの辱めの極みです。縄で縛られていると、上半身は後ろから抱きしめられている感覚になります。そして、大きく開かされた下半身は視姦されているかの様です。それに興奮して濡れてしまうはしたない自分にまた興奮してしまいました。また、青井さんの手や言葉責めや焦らしテクニックで、何人もの人が自分の体を触っている錯覚に陥り、3P、4Pをする妄想に没頭してしまいました。脳が暴走モードに突入しているので「イけッ!」と命令されると体が勝手にイってしまい、痙攣が止まりませんでした。

これだけ激しいことをされていましたが、手首が前にあることと、枕を敷いてくれたので体の負担は軽減されていました。たっぷりイった後も、緊縛ならでは解き縄というお楽しみがあります。それは縛られた体の縄をゆっくり解いていくと、指でなぞられるようなゾクゾクする感覚が縄で味わえます。指よりもストロークが長い分ゾワゾワが長く続きます。トロトロの下半身や痙攣した足の指に縄が這う気持ち良さは緊縛後の甘い甘いご褒美です。

<最後に>

ここまで緊縛の気持ちよさを書きましたが、「青井さんに縛られたから安心して乱れられた」この一言に尽きます。縛られるだけで感じる、と勘違いしている方って男性も女性もすごく多いと思います。私も初めはそう思っていましたが、少しでも相手に恐怖感を持つと身を委ねることはできません(ましてや痛み=感じるなんて嘘です!)。SMは信頼関係をしっかり構築するからこそ成立するプレイだと思います。ネットで緊縛モデルを募集する怪しいおじさんよりも、最初の入り口は青井さんとの緊縛を楽しむ方が楽しく安全に気持ちよくなれる、と断言します。性を解放すれば女性はもっともっと綺麗になれます。この感想が貴女の輝きの一助になれれば嬉しく思います。

さいごに

当サイトでは安心して緊縛を体験していただけるように緊縛講習会に参加して勉強しています。より負担が少なく、エロメインの縛りを研究しているのでSM好きじゃなくても楽しんでいただけると思います。

気持ちよくなるためには身を委ねていただくことが大事です。緊縛を通してそういったラポールを築けたりもします。

緊縛は試してみると意外と楽しいので、少しでも興味のある方はぜひぜひやってみましょう!